top of page
  • 執筆者の写真小林ハウス

〜新築現場の様子〜気密工事

現場は断熱材を入れ終わり気密工事が進められていました。


気密シートは連続させ、隙間の出来ない様に施工しなくてはならないので、継ぎ目は450mm以上重ね合わせ、気密テープで留めています。

この重ねは、一般的には100mm以上と言われていますので、当社では4.5倍となっており、より気密が守られている事になります。

そして天井エアコンの配管も施工され、外部へのダクト部分には、丁寧に気密テープで処理されてました。


現場には埋込みダウンライトを取付けるBOXも。

これは気密をとるための重要な物になります。

気密工事は見えなくなってしまう工事ですが、とても重要な工程でもあります!


⬇️ご相談はこちらまで⬇️

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

▶〒020-0507

▶岩手県岩手郡雫石町丸谷地30-79

▶TEL 019-692-5188

▶FAX 019-692-5326


Comments


bottom of page